« 2012年6月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

【メタル】最近のー

と言ってもここ半年ぐらいの、です。

■Phantom Antichrist/KREATOR
…ジャーマンスラッシュの重鎮というのも今は昔。スラッシュどころじゃねぇ!メタル!すっげーメタル!だってメロディがとにかくいいんだもん。それってもうスラッシュじゃないよね。超メタル。
(9.0/10)

■EREMITA/IHSAHN
…EMPERORの頭脳イーサーン先生のソロ4作目。前作が先生独特の美意識が全編に満載な暗黒メタルの金字塔的傑作だったと勝手に思ってますが、今作もすげぇ!よりプログレッシブになってわかりやすさは薄れたけど、このキャッチーさとかっこよさはさすがです先生。
(8.5/10)

■ALPHA NOIR/MOONSPELL
…ポルトガルの暗黒メタル集団の新作は、元々の耽美的ゴシックテイストを中核に近年のシンフォブラックスタイルと、中期のモダンさを加えた集大成的作品。2枚組の内容から、このバンドの多彩さがうかがい知れる。しっかし日本じゃこの手のバンドは流行らないっすねぇ…。いいのに。
(8.5/10)

■In Somniphobia/SIGH
…日本が誇る天才・鬼才・川嶋未来率いるブラックメタルバンド。今回もまた不快極まる気持ち悪い音楽やってます。とってつけたようなクサメロやキャッチーなコーラスすら余計に気持ち悪い。だが、その不快が快感に変わっていくんだぜえええええ!!日本発、世界で唯一の音楽やってます。
(8.5/10)

■Skylight/ATOMA
…ゴシック・ドゥーム・ポストメタルバンドのデビュー作。意味わかんない分類ですけど、実際根っこはゴシックメタルっぽくも、曲によってはメタルですらないような、映画のサントラのような壮大で浮遊感のあるサウンド。気持ちいいです。凄く気持ちいいです。わかりやすい比較対象はANATHEMA。メタルに固執していたら多分これは生まれなかった。
(9.0/10)

■Living Things/LINKIN PARK
…5th。実は4thも買ってなかったんで一緒に買って聞きました。4thで(日本人から)総スカン食らって、5thで「結構いいんじゃない?」と言う評価が凄くわかりやすい。確かにそこかしこで実にいいメロディを聞かせてくれるようになった。でも、じゃあこのアルバムがいいアルバムかと問われると、刺激も高揚感も足りない、それでもLINKIN PARKなんだからきっと凄いことやってるに違いない!と言う先入観が評価をギリギリ支えてくれている。ありていに言えば、俺みたいなリスナー向けのバンドじゃなくなったんだな、完全に。
(8.0/10)

■Wish Upon a Blackstar/CELLDWELLER
…Klayton兄貴のソロプロジェクト、各曲ダウンロードや多数のリミックスバージョンの発表などを経てのフルアルバム。膝を打ちたくなるようなダンサブルなリズムとキャッチー極まりないメロディ、そしてトランス的電子音の洪水の前にトリップは必至。この手のジャンルは個人的に主食じゃないとは言え色々つまみ食いした結論は、このバンドは別格っすわ。かっこよすぎる。
(9.0/10)


…今年はあんまり買ってないっすなぁというかピンと来るのがあまりにない。俺の趣向の変化?それともまだ話題作がないのか…。ちょっと不安。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

【ニコ生】コミュニティ作りました

先日デュアルディスプレイと配信環境をそろえたので、早速ニコ生で配信始めてみましたよ。

Ekan
http://com.nicovideo.jp/community/co1750903

今のところゲーム、と言うかキャリバーがメイン。とは言え上級者のようなプレイングができるわけでも、「始めたばかりでがんばってます!」的なものでも、キャラクリガチってわけでもなく恐ろしく中途半端な腕前なのでのっけから見せ方に悩んでいますが…。

結局視聴者の中だとまだキャリバーをやってないけどちょっと興味がある人や、買ったばかりという人が多いので、キャリバーの基本的な動きの解説とかモードやコンテンツの紹介なんかが受けがいい感じ。ステマステマ。

あとは適当にプレマで部屋建てたりしてますんで、配信でもよければぜひ遊んでやってください。

とは言えなんだかんだ配信と言うコンテンツで格ゲーは弱いので、RPGやアクションなんかも始めようかなと。と言うかここ数年、どうせRPGやるなら副産物的に配信までやった方が倍楽しめるなーと思いつつここまで引き伸ばしてしまっていたんで。とりあえずいくつか候補はあるんでぼちぼちやっていこうと思ってます。

お絵かきは…俺アドリブ利かないんでやってもだべりながら色塗りぐらいっすかね。

そんなわけで「入ってあげてもよろしくてよ」って方は是非コミュニティ登録お願いしますー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

【雑記】未来的環境

連休中にパソコン周りの環境を整えました。具体的にはデュアルディスプレイと配信環境の構築。協力はイーデスさん。あざっす。

まずは秋葉原でカレー食って、パーツショップを2,3軒物色。こういうとき何件も回ってちょっとでもいいもの、ちょっとでも安いものを探すのも手ですが、普段はケチだけどそういうのが面倒なので店指定してさっくりと。買ったのはHDMIケーブルと、HDMI分配器と、キャプチャボードを購入。占めて1万円ちょっと。スゲェ時代だ。

それからモニター。目当てはLGのコンポーネント端子つきモニター「M237WS-PM」。
http://www.lg.com/jp/it-product/monitor/LG-16-9-wide-M237WS-PM.jsp

1件目のモニター屋で見つかるも、色は白のみ。展示用の黒も買えるということでしばし悩んでいると…急に後ろから兄ちゃんに声をかけられる。

「あっちの店に黒ありましたよ。同じ値段で。」

うおおおおナイス情報!!あざっすあざっす!と何度もお礼を言うも、なぜか無表情で小さくうなずく兄ちゃん。後ろのニコニコしてるお連れさんを指さして「コイツは白を買いたいって言ってたんですよ」。やっぱり無表情で。後ろの兄ちゃんは超ニコニコ。面白い人だ。

そんなわけで無事購入。早速帰ってイーデスさんにセッティングしてもらい、なんとか無事配信までこぎつけました。いやーモニター入れて3万ちょっとでこの環境!来てるね、未来!


しっかしモニターはいい買い物でした。パソコンのメインとしては、ちょっと文字が見づらくて微妙ですがゲームとしては明度もちょうどよくて問題なし。スピーカーもあって、遅延ほぼなくて、17Kってマジカ。そしてゲームしながらもまだ23インチのモニターが一つフリーで使えるというデュアルディスプレイの環境ヤバイ。

そんなわけで長年の夢だったデュアルと配信の環境が揃いました!さー遊ぶぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

【同人】夏コミと今後と

1866157816_117
遅ればせながら夏コミお疲れ様でした。暑さ的には…飛びきり暑かったような、例年あんなもんだったような。湿気は過去最悪だった気もしますが。

今回はオフセが無理だったのでなんとかコピー誌を。ネタは勿論ソウルキャリバーⅤ、そしてアイヴィー、中身はおっぱい。予想外のペースで、お昼ごろには完売となりましたイエーイ。…その後いらっしゃる方に本当申し訳ないのでやっぱり部数は難しいですね。

最近はスタート時にあいさつ回りに行くというパワープレーを敢行してましたが、この日はあまりの暑さとだるさと眠気(前日3日間で合計5時間睡眠)で、昼過ぎにようやく移動開始。でも珍しく皆さんブースに残ってて、結構な確率で挨拶出来ました。…もしや皆さんもへばってたか。

挨拶ではもうほぼ全員にキャリバーⅤをダイレクトマーケティング。昔格ゲーをやっていた、格ゲーがそもそも好き、しかもキャラとかビジュアルに興味のウェイトが高い同人作家にキャリバーは最高の逸品だと思うんですマジでマジで。とりあえずこの日だけで2名ほど購入の確約をいただきました。俺の中では確約となっております。

しかしキャリバー本少なかったのは残念…。まぁめんどいしね!今回の表紙、線を描いても描いても終わらなくて3週間かかりましたよ!マジでマジで。そしてキャリバーどころか格ゲージャンルの縮小っぷりは、いと悲し。

あと意外だったのは、例年になく最後まで人が残っていたところ。あんなに暑くてしんどかったのに。…もう動きたくもなかったのかな。そんなこんなで閉会。手伝ってくれたうさりん、rukaさんアリガトー。後半は目を開けているのが奇跡だった。


アフターはキャリバー勢の打ち上げに参加。場所は鶯谷の焼肉屋。俺の中の焼肉の美味さの限界値が5段ぐらいアップした。美味すぎて多分相当おかしな挙動してたと思う。リアル悶絶。

10人以上のメンバーで、5からの新参は多分俺だけ。どのゲームもだけど、皆さん仲いいっすなぁ。特に年齢近いですし。なんて居心地の良さ。あ、世界チャンプにも挨拶出来ましたよ。

2次会では半数近くの方がそうすひ邸に雪崩れ込んだそうですが、さすがに俺はここで撤収。コミケ後に22時に帰って撃沈とか初めてだよ…。おつかれっしたー俺。


さて気の早い話ですが冬コミ。今回は申込書を買わず不参加することにしました。絵はいつも通りマイペースに。そんなわけでよろしゅうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年12月 »