« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月24日 (木)

【メタル】METAL BATTLE JAPAN

土曜日。METAL BATTLE JAPANに行ってきましたよ。世界最大のメタルフェスティバルWACKEN OPEN AIRの出場権をかけて、8つのバンドがライブで競うイベント。出場バンドの1つARGUMENT SOULの間瀬さんとツイッターで知り合ったこともあって応援兼ねて行ってきました。

土曜日は基本仕事なんですが、まぁメタルのイベントだし始まるの夕方ぐらいだろうと高をくくってたら…まさかの2時開始。オーナーに頭下げてなんとか3時半に到着したらまさにARGUMENT SOULが始まるところだった!あぶねー。


■ARGUMENT SOUL
NEVERMORE、RAGEなどを彷彿とさせる名古屋の正統派ヘヴィメタル。ヘヴィだけどちょっと聞いただけで耳に残る歌メロ、そして何より神谷さんの超絶ハイトーンが強力。持ち時間の関係で4曲だけだったけど、必殺のレパートリーを用意してきた感じでした。客層を見てもかなり固定ファンは多かった印象。いやー気持ちよく頭振れた!

■ETHEREAL SIN
続いては東京のブラックメタルバンド。白塗り、コスプレはバッチリ、ブラストや激走トレモロリフも本格的!…だけどこれじゃあブラックメタルの焼き増しだなぁと思っていたら扇情的なコーラスパートでぶったまげた!これはカッコいい!!曲展開も劇的で、思わずCD買っちゃいました。なんと言うかブラックメタル好きな日本人が日本人向けにいいとこ取りしてそれがはまってる感じ。穴らしい穴が見当たらない良バンド。

■HONE YOUR SENSE
東京のメタルコアバンド。無地でダボダボのTシャツやキャップという出で立ちや思いっきりちゃらいパフォーマンスは明らかに会場で浮いていた。しかしその凄まじいグルーブに次第にひきこまれ、モッシュピットができ、異様にダンサブルな曲に度肝を抜かれましたよ。なんだこの音!?メタルじゃないだろこれ?でも、かっこいいぞこれ!

うーんいい動画がない…。改めて聞くとイエテボリリフ満載だけどそういう印象はなかったなぁ。ライブでのグルーブ感がそこらのメタルコアと違ってた。


■SENATIVE
東京のメタルコアバンド。コッテコテのメタルコア。かっこいい、かっこいいけどそれ以上感じないというのはもうメタルコアの宿命でしょうか。印象的だったドラムとボーカルがサポートメンバーで、この場でメンバー募集告知をしていたのにもやっぱりどうしても興冷めしてしまった。

■Shatter Silence
大阪のメロデスバンド。この前買ったアルバムがスゲェよかったんで楽しみにしてたんですが、ライブもよかった!ナルシスト分200%増しで!いや実際あそこまで露骨だと見てるこっちも気持ちよくなりますね。ただ選曲がブルータルな曲がメインで、このバンドのメロディックな面がイマイチ伝わらなかったのが残念。激メロ曲「The Monochrome Sky」の凄まじさに一層その思いが。

ライブ動画がない…。


そんなこんなで全バンドの演奏が終了し、ベロンベロンのKohさんの茶番でつないでからの結果発表!…生キャプテン初めて見たよ。は、置いといて優勝は「HONE YOUR SENSE」!!くはーなるほど!実際どのバンドもそれぞれの魅力があって実力伯仲だったんで、最後はもう何を基準に決めるかってとこしかなかったと思う。そういう意味では他のバンドも、今回はあのバンドが選ばれる選考だったんだと諦めもつくというもの。と言うような話をして間瀬さんと握手して帰宅。

個人的には日本のメタルを聞く意義って日本人特有のメロディセンスをメタルという土壌で聞きたいというのがあって、そういう意味だとブラックメタルの世界観とかハードコアのグルーブ感とかって申し訳ないけどどうあがいても本場に勝てないと思う。どのバンドも魅力的だったけどそういうバンドがあまりいないのが残念だったかなぁ。まぁ得てしてそういうジャパメタってダサイって思われるから…。


しかし…今回のこのメタルバトル、勝ったバンドも現地ドイツには自費で行って、持ち時間もこの日と同じ20分…。厳しい現実を思い知りました。まずはHONE YOUR SENSEが!ぶちかましてきてくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

【ゲーム】キャリバーSTRIKE行ってきました

4月28日。キャリバーⅤのオフラインイベントSTRIKEに行ってきましたよ。場所は阿佐ヶ谷ロフトAで、夜から朝までがっつり対戦のイベント。
http://strikeofficial.com/

中野TRFからは俺、イーデスさん、おるる、てふにと、キャリバー勢のウズさん、アルエットさんが参戦。そしてイベント直前に知った事実、レイシャ使いの強豪KBOが俺の中高の同級生ということで、卒業以来10数年ぶりに会うというプチイベントまで。そう言えばエッジからずっとやってたわー。


と言うわけで会場。…おっそろしく待たされたけど何があったんだろう。中も人でぎっちり。100人近くいたかも。そんな中、なんとか席を見つけてまずはキャリバーガチ勢VS他ゲー連合10on10の観戦。

今回、バーチャ勢を始めとした他ゲー勢がキャリバーⅤを始めたと言うことで生まれたこの企画。お互いの選抜戦からかなり熱い試合が盛りだくさんでしたが、その反面動きの違いが如実に出ていて正直こりゃ処理かなぁと…。思ってました…。

蓋を開ければ初戦から名勝負の連続。スカ確や連携などの動きは古参勢に一日の長があるも、勝負強さと近接戦の上手さはバーチャ勢が圧倒的でしたね。特にカマアゲさんのミツルギがもうBボタンだけで勝ってるのが凄まじすぎた。

そして個人的ハイライトは大久保レイシャVS熊田アスタの同窓対決。勝負は大舞台に慣れてる熊田に軍配が上がったけど、いやーまさかこんなところで同級生同士の対戦が見られるとはねぇ。いい時代になったものだ。…と言うかうちらが変わってないだけか。


結果は5対5のイーブンから決定戦を制した古参勢の勝利。個人的にはいい結果だと思うし、なによりこれで会場中が「キャリバーはこれから!」という気持ちになった気がしますね。

詳しい記事はこちらで。
http://news.dengeki.com/elem/000/000/482/482466/


それから個人戦へ。…正直この時点で凄い時間だったし、10onがあまりに高まりすぎて蛇足感すらあったけど、始まってみればやっぱり大盛り上がり。
俺は初戦で闘劇プレイヤーのナツに処られ、ルーザーズではてふにという身内の潰し合い。それは何とかなるも続くヒルダにボコされ終了ー。

身内ではおるるが初戦みそのさん、ルーザーズではなぜかいるプラズマさんという凄まじい引きを見せてたり。餓狼で例えれば、TMRさんにミンチにされて敗者復活になぜかいるコバさんに砂にされた感じ。持ちすぎ。

大会のほうはそのコバさん、ではなくプラズマさんが優勝。とにかくアッパーが当たる、当たる。意味がわからない。凄かった。


しかしまぁ全然場数が足りないし酒飲んでガヤできればいいかーぐらいに思ってましたが、いざ大会では普段の動きすら出来ずに上級者にボコられるのはやっぱり悔しいですね!と言うわけでがっつりモチベ上がりました。キャリバーこれからまだまだ盛り上がりますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »