« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

福岡旅行記

従妹の結婚式のため、家族で博多に行ってきました。気付けば初☆九州上陸。俺が来たぞ!帰れ!

結婚式は両家の親族+友人少しと規模は小さめ。でも会場もキレイで凄く雰囲気よかったっすわ。当たり前だけど負の感情が全くない感じ。叔父さんが最後泣いているのを見て、ああ結婚は最高の親孝行なんだなと実感。その逆もまた真なり。


にしても教会の牧師さんがコントレベルの片言日本語で面白すぎた。笑っちゃいけないんだけどもさ。


終わってから親戚一同と別れ、ホテルで少し休んで飯。福岡には親父が出張でよく来るそうで、オススメの呑み屋に連れて行ってもらった。久しぶりの家族集合だったのでここぞとばかりに美味いものを食わせてもらう。サバの刺身とか、アナゴの刺身とか、めったに食えんわー。…一人3000円?安ッ。

そのあと中洲の飲み屋街のわきを散歩して、風呂入って寝。


日曜日。弟は別行動で、両親と3人で大宰府に。神さん、頭をよくしてくださいな。
20100328111546

福岡では空港の周りの桜も満開だったのでちょっと期待してたんですが、よくよく考えたら大宰府は梅の園でした。むしろその季節に来たかったなー。建物も質素なもんだし「こいつはすげぇや!」ってものはなかったですが、観光地としてコンパクトでいい雰囲気の場所でした。中心地から近いし。
20100328113453

そして名物・梅ヶ枝餅うまうま。お土産では何度も食ってましたけど、出来立ては別次元の食べ物ですね。


最後にラーメン食いたい!と言うわけでゆだのさんオススメの「魁龍」という店に行こうと思ったんですが、時間の都合で残念ながら断念して空港のラーメン屋。普通に美味い。

それからお土産買って帰路へ。ずっと革靴スーツでの旅は疲れ果てましたわー。あと福岡の名産はトンコツラーメンとか、ニンニクまみれの餃子とか、モツ鍋とか、俺の好みにジャストミートなのでまたゆっくり来たいですね。HO!終わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

鼻水とドラマ

今週はずっと風邪気味。熱と喉は大したことないのが救いだけど、鼻がまずい。鼻水が滝のようにィィ!と言うより進行妨害。鼻が詰まると頭がボーっと、やる気がガクンとなくなる効果があります。しんどし。

元々鼻炎持ちなのでこの季節は鼻がいかれるのですが…花粉症じゃないよな?俺の知ってる花粉症じゃない、はず。

ドラマ「不毛地帯」が今週で最終回でした。ラストなのに通常営業と言う悲しさ。フジテレビ開局何十周年記念なんたらにも関わらず数字が芳しくなかったらしい。面白いのに!

まあ商社マンが他社とのコンペ合戦やら社内の出世争いやらを繰り広げて政治家に黄金最中贈ったりとかそんな内容じゃ今のご時世、受けは悪いとは思いますが。いやでも中身はそんなんじゃないですよ。骨太な男ドラマですよ!今更言っても詮方ナッシン。

何より豪華すぎる俳優陣が素晴らしかった。唐沢寿明、岸辺一徳、遠藤憲一と元々好きな俳優が揃っているんですが、個人的に印象的だったのは社長役の原田芳雄。正直なところ俺自身は俳優としての原田芳雄はほとんど見たことがなく、タモリ倶楽部に時々来る電車好きの俳優という認識しかなかったり。

しかしこのドラマでのいかにも「関西の商人」な佇まい、そして年とともに徐々にカリスマ性が薄れていく様を見事に表現した演技力は素晴らしかったです。回想シーン見て、一瞬同一人物とは思えなかったのはメイクのおかげだけじゃないはず。

一方で毎週なんとなく見ている大河の「竜馬伝」ですが…不毛地帯と比べるとあまりに毒がなさ過ぎて物足りないなあ、と。他にも色々と突っ込みどころはあるのですがー。なんかあそこまで「当時の思想から逸脱してたっぷり」を強調されると、なんか嫌味っぽくないっすかね。

あれ。居間のテレビ、薄型ハイビジョンにしたことって書きましたっけ?世界の亀山。と言っても俺はそんなにテレビ見ないんですけどねー。

【BGM】We Are The Void/DARK TRANQUILLITY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

雑記メタル雑記

Burrn!!4月号。2009年度ベスト結果が目当てでしたが…なんと言うかさもありなんな面白みのないランキングで。元々最大公約数な読者投票より各ライターの趣味に走った選出が楽しみなんですけど、それもいまいちパンチが効いていない感じで。

結局、政則氏がズバリ言ってますけど、「胸に突き刺さった作品は少なかった」ということか。BRIGHTEST HOPEの欄の小粒さはそれを如実にあらわしていますね。しかしその中でもOUTRAGEの評価の高さは一ファンとして嬉しい限りです。やっぱりスゲェよあのアルバム。

さてそんなOUTRAGEが偉業を達成しました。なんと平成21年度『愛知県芸術文化選奨』を受賞したとのこと!素晴らしい!!

勿論バンドの偉業なんですが、その功績を認めた行政にも拍手を送りたいです。アメリカの話とは言え、青少年に悪影響を与えると裁判まで起こったあのヘヴィメタルでですよ?どっかの都の連中にも聞かせてやりたいわー。

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20100313/CK2010031302000031.html
丹下さん、お写真が…。

ライブ。来週はいよいよBETWEEN THE BURIED AND MEですよ!いやあどんなショーを見せてくれるのやら。そして4月のGAMMA RAY&RAGEにも参戦予定。メタルを聞き始めた頃からのファンの両バンドですが、実はライブは初めてです。ビール飲んでニコニコしながらジャーマンメタルを楽しんできますわー。

DARK TRANQUILLITYとKALMAHの新作買いました。どちらもスゲェ!レビューは後程。今月は気になる新譜がほとんどメロデスだなあ。あんまり偏ると埋もれるからバランスとらないとね。臭み成分過多は危険!

【BGM】12Gauge/KALMAH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

コミイチ

COMIC1☆4の当落決まりましたー。
Cut_comic1_4
く-43b「bash-inc」です。

思えば自ブースは本当久しぶり。さー何作りますかねえ。内容としてはカット通りのいつもの通りなんでしょうけど。

一応去年1年分のKOFコピー本まとめて書き下ろし追加ってのが有力候補ですが、時期的には丁度スパ4の発売日なんですよね。んー悩む。悩んでる暇はない。ネタ思いついた方ってことで。

【BGM】Sagas/EQUILIBIUM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

目の保養日

なんかいいもの見たいー目の保養したいーってぼやいてたら、李さんからこんなのありますよとオススメされたのが「長谷川等伯」展@国立博物館。

http://www.tohaku400th.jp/

重文30点!国宝3点!以前見に行った琳派展もよかったのでこいつは期待できるぜと二つ返事で行くことに。いやーよかったっすわ。安土桃山時代の絵はいいね!線と、構図の美学。西洋画の写実性と比べると、なんとなく日本の漫画とアメコミの違いにも通じるかなーとか。まぁそんなしったかぶりをくっちゃべりながら、たっぷり楽しんできました。

華やかな屏風絵もよかったですが、やっぱり晩年の水墨画は鳥肌モノ。近づいたり、離れたり、嘗め回すように。


得てしてこういうのは暇なオバハンが多いのですが、朝一だったこともあってか混雑も許容範囲内。2時間半ぐらいかかって回りきり、一旦上野駅へ。何気なく入った駅前の洋食屋のエビフライがやたら美味かったー。


さて夕方まで時間が中途半端だったのでどうするか悩みましたが…折角なので美術館の方も行ってみることに。と言うわけでボルゲーゼ美術館展@東京都美術館。

http://www.borghese2010.jp/

偶然なのか狙っているのか、丁度長谷川等伯と同じ17世紀前後の西洋美術。さっきまで見ていたものとは全く異質の驚異的な書き込みと写実性をじっくり堪能できました。


しかし…美術展のはしごは思った以上にしんどかった。立ちっぱなしで目も使うしなー。こっちも2時間ぐらいかかってバテバテ。とは言え本当いいイベントでしたよ。定期的にこういうのには行きたいですね。

で、軽くマックで茶してから中野へ移動し、飯買ってjetさんちへ。


ここで恒例のライブDVD鑑賞。今回は…QUEENSRYCHEの「OPERATION LIVE CRIME」。言わずと知れたメタル史上に輝く名盤「OPERATIONMINDCRIME」の当時の完全再現ライブです。

実は、普段からメロデスとかパワーメタルとか色々聞いてますが、最高のメタルアルバムは?と聞かれたら俺は迷わずこれを選びます。いやもう完璧でしょこのアルバムは。そしてその考えはDVDを見て確信に…。全曲のイントロが強力無比。哀愁と、息を呑む緊張感。メタルの全てがここにあるわ。

そしてモニターに移る演出や、ジェフ=テイトの芝居などの視覚的演出もアルバムの説得力を増していて見事。ラスト2曲は声も発さず見入ってしまいました。


と言うわけでこの日は人類の生んだ傑作を堪能し尽くす素晴らしい一日でしたよ。…しかしなぜかその後延々とニコニコで「珍メタル」巡りをしていたわけですがー。これもまたアート。

【BGM】Iowa/SLIPKNOT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »